岡井盛夫


パソコンの二進法

(1)二進法と十進法
 いうまでもなく、パソコンは二進法です。勿論、二進法はパソコンの原理ですから、パソコンを使う人が意識しなくても自由に使えます。私達は十進法に慣れきっていますから、二進法には馴染みがありません。下記に、十進法と二進法を対比してみました。

十進法 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
二進法 0 1 10 11 100 101 110 111 1000 1001 1010 1011

 二進法は、数字を(0)か(1)かの二通りで表示します。つまり、十進法は十で位取りをしますが、二進法では、二で位取りをします。では、なぜ(0)であり(1)になのでしょうか。

(2)鉄道信号と二進法


 私はK社(信号機メーカー)に在籍しました。昔の鉄道の線路は、一定の距離で切断されていました。その線路の継ぎ目を列車(電車)が通る度に、ガタン・ゴトンと音がしました。鉄道信号は、その切断された線路(平行)の末端と末端を配線でつなぎ、線路に弱電を流して回路にしています。
 もし、線路(一つの回路)上で列車がストップすると、その間は回路が切れます。一つの回路が切れると、その手前の列車は、その回路(線路)に進入することができずにストップします。この信号装置のことを、ATS(自動列車停止装置)と呼びました。
 ATSの原理は、パソコンの(0)と(1)にも採用されています。ATSは昭和38年の鶴見事故によって、にわかにその実用の急務が言われるようになりました。
※今では、継ぎ目のない線路が使われている(溶接)。継ぎ目がなくても、理論的に継ぎ目をつくって制御されている。
 
(3)脱線の自分史

 鶴見事故は、脱線貨車と横須賀線上下列車の三重衝突でした。死者は161名、重軽傷者119人の大惨事でした。
 実は、私はこの下り列車を横浜駅で待っていました。友人が東京駅で乗車することになっていたからです。幸運にも、彼は一列車おくれて列車に飛び乗りました。その遅れが、彼の命拾いになったのかも知れません。
 ところが、その下り列車に母校の学長(三枝博音氏)が乗っていました。学長は即死しました。遺体は、当時生麦在住の同校文理学部長(三浦恵司氏・私の恩師)が引き取りました。

 その前年、国鉄三河島の近くで、貨車と上下列車が三重衝突しました。死者は160名、重軽傷者325人の大惨事でした。
 私は、この上り列車の前から二両目に乗っていました。車両に乗ったまま人家に突っ込んだのですが、九死に一生を得ました(詳細省略)。

 脱線(余談)から、本線(本題)に復帰します。
 通電している線路(回路)を(1)とすれば、通電しない線路は(0)です。線路は大きな回路ですが、コンピュータ(パソコン)の回路も同じ原理です。
 パソコンの二進法は、線路と線路の回路を極小にしたもののようであっても、決定的な違いが見られます。前者は、鉄道の安全運行に使われていますから人命に関わります。後者は、ユーザーの様々な用途に多目的に使われています。

 ところで、パソコンがいくら賢くても、(0)と(1)以外に数字を覚えることはできません。いうまでもなくパソコンは電器ですから、「通電中」と「通電ストップ」しか、判別できないからです。
 パソコンは、絵(画像と色)でも音(音と音楽)でも、全てを二進法で表します。文字は画像で表します。

(4)文字と二進法

 Hという文字を大きく書いても小さく書いても、途切れなく連続しているように見えます。しかし実際(微細な実像)は途切れています。途切れて見えないのは、人間の視覚(虚像)です。例えば@広告塔を近くで見れば納得ができます。Aパソコンでは字を作ることができますが、下記のようなドットを黒印をつぶして(表示して)作ります。
 なお、パソコンは二進法でできていますから、黒を(1)として白を(0)として表示します。

二進法 十進法(参考)
10001 34
10001 34
10001 34
11111 62
10001 34
10001 34
10001 34


 しかし、絵や音を表す二進法は膨大になります。ところが、パソコンの演算能力はスバ抜けていますから、簡単にやってのけます。

 そして大事なことは、電器は通電すると熱を持つことです。コンピュータの歴史は、そのまま半導体の長足進歩の歴史でした(※)。
 なお、私は文科系の人間です。一部に間違いがあるかも知れません。
※半導体の小型化・大量生産・コストダウン。

子どものおでこに赤信号


『ゲーム脳の恐怖』(森昭雄著)を読みました。子どものおでこ(前頭前野)に赤信号が灯っています。前頭前野は、人間らしさ(理性・思考・意欲・情動・道徳・羞恥)の脳です。テレビゲームに夢中の子どもの脳波(例えば、α)は、痴呆性の老人のそれと酷似しています。

 生まれた子どもは、母親にスキンシップを求めています。そして、幼児の柔らかい脳は
親や周囲との接触や対話、その雰囲気の中で
時々刻々と細胞を増やしていきます。やがて幼児は、盛んに外部接触を求めます。いわば子どもの遊びの時代です。その時期の幼児は、様々な遊び(飛び・走り・ボール投げ・お手玉など)とともに飛躍的に細胞を増やします。この時期の遊びこそ、彼らの感性的な第二ステップではないでしょうか。
 いうまでもなく、人は感性の上に理性が育って行きます。人は、少年期までに基本的な感性が育ちます。その意味でも、子どもの遊びを軽視してはなりません。私と母の昭和時代に「遊びは子どもの商売」とも言われました。

 このかけがえのない育児を他人任せにしたり、テレビやゲームに晒して放任しているのが、現代の親の実情であり風潮です。どうやらキイワードは、人と人、人と自然の
接触が断絶状態にあります。
 子どもが幼稚園に入る頃から、母親は猛烈な教育ママになります。しかし彼らは子どもの個性、特に感性を省みることはありません。親の理性だけで考えています。この実情が正しいとは誰も思いませんが、誰しも、世間の趨勢に逆らうことができません。誰しも「優秀」な子どもを待望するからです。しかし人格は、健全な脳が土台でなければ、砂上の楼閣です。
 

 私は、約11年前に脳梗塞で倒れました。それ以来脳に人並み以上の関心を持っていますので、他人事ではありません。切実に心配しております。それにしても、子どもの遊び場が少なくなりました。
遊ぶ姿も少なくなりました。

 次のページに、『ゲーム脳の恐怖』に紹介されている実験データを載せました。実験は簡易型の脳波計が使われています。表の中の★印は実験開始時間です。
「痴呆症」のデータは省略しました。
(2003/1)