岡井盛夫・11/12/28


「アラブの春」とイスラム社会



 次の記事は、2011年12月25日付の毎日新聞の社説(※)の一部です。
※視点・「アラブの春」(論説委員・布施広)

ー中東の指導者の多くは、イスラム教徒ではあっても宗教を前面に出すイスラム主義者ではない。しかし独裁政権が倒れると、抑え込まれていたイスラム運動が台頭し、「民主化」と「イスラム化」という、一見相反する現象が同時進行することにもなる。
 たとえば、「ジャスミン革命」でベンアリ政権を倒し「アラブの春」の先駆けとなったチュニジアである。10月の憲法制定議会選挙で穏健派イスラム政党「アンナハダ」が全議席の4割(89議席)を獲得して首相ポストを手に入れた。モロッコでも11月の下院選でイスラム穏健派の「正義発展党」が第1党になり、党首が首相に任命された。
 エジプトでは人民議会選が進行中だが、11月下旬の第1回投票の比例代表の開票で、穏健派イスラム組織ムスリム同胞団系の「自由公正党」が36%台、厳格なイスラム原理主義を掲げる「ヌール党」が24%台の票を得た。この2党だけで約6割の得票率であった。同胞団系候補の出馬自体が難しかったムバラク時代には考えられないことである。
 またリビアのカダフィ政権を倒した国民評議会の幹部は、欧米のような法体系ではなくイスラム法(シャリア)を重視する方針を表明した。地中海を隔てて欧州と向き合う北アフリカ諸国で地殻変動が続いている。ー

 「アラブの春」とは独裁政権に対する民主化運動でありました。夏と秋を過ぎて冬になって、民主化運動は着々とイスラム化しております。
 西洋世界にとって民主主義は、プロセスでありゴールです。しかし、中東のムスリム(イスラム教徒)にとって、民主主義はプロセスであっもゴールではありません。ゴールはイスラム社会の実現です。以上は、西洋とイスラムの決定的な断層です。けっして「文明の衝突」などではありません。
 イスラム社会がどれほど民主化されても、アッラーへの信仰告白、一日五回の礼拝、喜捨、ラマダーン月の断食、メッカ巡礼がすたることはありません。毎日新聞(社説)の指摘した「民主化」と「イスラム化」は一時的に同時進行しても、イスラム化のゴールは、イスラム社会の実現です。

 典型的な断層の一例は、イスラム社会での女性の地位や役割です。多くのムスリム国家では、女性たちの人権が抑圧されています。その人権差別か、西洋世界から厳しく批判させれています。
 しかしイスラム世界の歴史は、イスラム原理主義を中核として何世紀にわたり続いてきました。特に、「共同体の公的生活から性的衝動という要素を排除するために、男性と女性の領域に分けて、両性が接する場を私的な領域に限るべき」(※)との固い慣習が、今にまで生き続けています。但し、「それは女性を抑圧する権利ではない。ムスリムが西洋世界に比して,性的衝動が社会の調和を乱す潜在的な力がある」(※)、とより根源的に考えているからです。
※『イスラームから見た「世界史」』(タミム・アンサーリ著)

 通俗的に言えば、「イスラム原理主義は、女性が人前で美しさを表現することも、職業につくことさえ嫌う。美しい女を見れば、清廉潔白を通すことができないのが男だからである。美しいと言われれば、媚をうるのが女だからである。タリバーン政権下では、男女に関わらず軽音楽を聞いたり映画を観ることにも否定的であった。イスラム原理主義は、その魔術性の原点を否定している」(筆者)のです。

 キリスト教の原理主義とイスラム原理主義の議論
は、噛みあいません。キリスト教は「イエス・キリストは人類の救世主」として信じています。それに対してムスリムは、「ムハンドは人類の救世主である」とは言ってはおりません。ムハンドは使途であり、あくまでも人間です。(『イスラームから見た「世界史」』参考)
 そのような断層があるまま、2001年9月11日、アメリカのブッシュ大統領が、彼自身の定義でムスリムを「味方でなければ敵だ」と決めつけてました。しかも「敵はテロリストだ」、とラベルを貼りました。そして国連を無視して、アフガニスタンのタリバン
に報復しました。

 「イスラムは七世紀初めのアラビア半島という文明の空白地帯から突如登場した。またたくまに広大なな帝国を築き、今日まで続く独自文明圏を形成した。イスラムとは唯一神を信仰し、その教えに帰依する宗教である。社会のあらゆる面について守るべき規定を定め、地上にイスラム法に基づく公正な社会を建設し普遍化することを目指す社会事業である」(上記著書)、と言われています。

 2009年6月4日、アメリカ大統領のバラク・オバマがカイロで演説しました。「現代世界を混乱に陥れた原因の一つは、何世紀にもわたつてムスリム社会に屈辱を与えたヨーロッパ植民地主義である」、と言明しました。この演説は、「ヨーロッパ中心主義的世界観は、世界史の一つに過ぎない」ことを証明しています。しかし過激な保守主義は、「オバマはムスリムだ」と反対しました。一方、イスラム世界の活動家は、「オバマ演説はレトリックに過ぎない」、と酷評しました。そしてこの酷評は、その後の中東とイスラエルへの彼のスタンスを見れば、残念ながら肯定せざるを得ません。
 私は、オバマにメシアを期待したことがあります。しかし絶望しております。誰が出現しても、西洋世界とイスラム社会は融合することができません。二つの断層はそのままで、スライドしていきます。