岡井盛夫・2015/04/04

中東の宗教的分裂

 イラクとシリアで起きていること

 2015年4月1日、イスラム国の戦略要点・チクリットをイラク軍が奪還した。イラク軍は、米国や有志連合の支援(空爆)を受けているが、陸上部隊の大部分は、イラン支援のシーア派民兵である。

 有志連合とは、湾岸諸国のスンニ派連合である。宗教的には、イラク政府(シーア派)を支援するイラン政府(シーア派)と根本的に対立している。その有志連合がイスラム国を空爆している理由は、スンニ派とシーア派が宗教的に和解したのではない。イスラム国がスンニ派であっても、「彼らは領域国家を否定する過激集団である、その存在は認められない」、との一線で共同歩調をとっているだけ。もし、イスラム国が壊滅すれば、再び宗教的対立が起こる火種を抱えている。
 チクリッタを失ったイスラム国は、直ちに戦略を変えている。イラクでの抵抗を強く受けて、弱みを抱えているシリアに重点を移している。(新しい軍事作戦を展開)。もともと、イスラム国はシリアの北部(無政府状態)を制圧している。その北部から南部へと移動し、米国や有志連合に対して陽動作戦を仕掛けている。
 シリアの内情は、「シリアとロシアの腐れ縁」に載せた。シリア一国ならともかく、ロシアがらみではことは単純ではない。イスラム国は、国際関係のウイークポイントをついて、しばらく存続するかもしれない。

↓ イラク ↓ イエメン
 

 イエメンで起きていること

 2015年3月26日、サウジアラビアは内戦が深刻化しているイエメンに対し軍事介入をした。サウジは、イエメンとは隣国だから特別な危機感を持っている。イエメンの都市アデンには、ハディ暫定大統領が逃れている。そのアデンに進撃しているイスラム教シーア派系の武装組織「フーシ派」に対する空爆を、サウジは湾岸諸国とともに開始した。
 イエメンは、1990年に南北統一してイエメン共和国が発足した。人口、2400万人、原油、天然ガスの生産国であるが、産出量は少ない。

 1 これまでの主な出来事

(1)2011年1月、チェニジアでのジャスミン革命があった。イエメンでも、エジプトでの民衆革命に影響を受けて市民による反政府デモが発生(アラブの春)した。サーレハ大統領は退陣し、ハディ副大統領が翌年2月の暫定大統領選挙で当選した。
(2)2014頃からイスラム教シーア派系勢力「フーシ」が、反政府武装闘争を開始した。
(3)2015年1月22日、フーシがクーデターを起こし、ハーディ暫定大統領とバハーハ首相が辞任、政権が崩壊(ハーディーは2月21日に辞意を撤回)した。

 2 進行中の出来事

(1)2014年3月25日、米国政府は湾岸協力会議(GCC)加盟国が主導する対イエメン軍事作戦への支持を表明した。オバマ大統領は、「物資・情報収集面での支援」を承認したことを明らかにした。
(2)サウジの軍事介入によって、スンニ派が大半を占めるサウジアラビアと有志連合(※)と、フーシ派の後ろ盾になっているとされるシーア派イランとの宗派対立が表面化している。
※アラブ首長国連邦(UAE)、クウェート、バーレーンおよびカタールの湾岸諸国。

(3)イエメンでの混乱により、石油の供給が脅かされている。サウジやUAE、クウェート、イラクなどアラブ諸国から欧州に向かう石油輸送船のほとんどは紅海とスエズ運河を通る。すべての船舶は、アデン湾を利用してイエメンの海岸線を通過しなければならない。
(4)最近の原油価格の下落は、「サウジアラビアと米国のシェール・オイルのシェアの争い」、と言われている。しかし、サウジにはもう一つの狙いがある。「イランは減産を主張した。サウジには、そのイランに対しても打撃を与える目的があった」、と言われている。
(5)イエメンの背景は、スンナ派とシーア派の対立だけではない。「アラビア半島のアルカイダ」と呼ばれているアルカイダ組織(スンニ派組織)が関わっている。

 日本は、90%近くの石油を中東に依存している。その中東が宗教的に、複雑な分裂状態になっている。宗教対立は政治的に解決することはできない。軍事的に解決しえても、それは表面的なことで、水面下では常にマグマを抱えている。