癌と“がん”の違い


 昨年末に、白血病発病で入院した人がいました。その患者の家族の依頼で、ホームページ(HP)で「白血病」を検索したことがあります。
 次は、その際に偶然知り得たことです。

 ホームページ(HP)の「わかりやすい白血病の話」(※)には、白血病は血液のがん(白血球のがん)である、と書かれています。そして、漢字の「癌」と仮名の「がん」あるいは「ガン」は、正確には違う、とも書かれてありました。
※大野竜三(愛知県がんセンター・病院長)市橋卓司(小牧市民病院血液内科)著

 私は、神奈川県立がんセンターの場所を確認するためHPで検索したことがありますが、「がんセンター」は「癌センター」の言い換えに過ぎないとばかり思っていました。

 先のHPによると「胃癌や肺癌とは書くが、愛知県がんセンターなどと区別して使われている。この区別は、医者の間でも混同している人がいる(要約)」そうです。私達一般の人が間違うのは、無理からぬことです。

「癌」は、上皮細胞、たとえば胃の粘膜上皮細胞や悪性腫瘍であり、「がん」は、これらを含めたもっと広い意味での悪性腫瘍をいう。英語で前者は carcinoma、後者は cancer と使い分けられている、とも書かれてあります。

 ところで、私の周囲にヘビイスモーカーがいます(男女)。「ダバコは健康に良くない」と、彼らに何回となく忠告したことがありました。しかし、その医学的根拠を聞かれると、明快なアドバイスをすることがでぎずにいました。
 次の記載も、「わかりやすい白血病の話」の中に書かれていることです。

「簡単に言えば、がん細胞とは遺伝子に傷がつき、その結果、死ににくくなっている細胞をいう。しかし、遺伝子に傷がついたら直ちにがんになるわけではない。いくつかの遺伝異常が重なって白血病になる。遺伝子に傷をつけるものは我々の廻りに沢山ある。代表的なものがタバコである。(その外にウイルスや放射線、薬物があげられていた)」と、書かれてありました。(2003.1)