岡井盛夫・2013/04/07


ミツバチと人間の、カースト



  この手記は、A子さんの学術論文(1985年)を参考にしています。A子さんの論文には、ミツバチにもカーストがあると書かれてありました。但し、この手記は、彼女の本来の研究目的とは直接の関わりはありません。

 ミツバチのフェロモンとカースト

 フェロモン(pheromone)とは、動物の体内で作られ→体外に分泌され→特殊な行動や生理作用をおこさせる有機物質のことです。ミツバチにとってフェロモンは、ミツバチのカーストと切り離すことができません。なぜなら、ミツバチのコミュニケーションは、ほとんどフェロモンを用いて行われているからです。そして、フェロモンを含めた匂い情報はミツバチの触覚によって受容されています。

 A子さんの論文の「ミツバチにもカーストがある」という意味は、次のように三つにまとめることできます。
(1)ミツバチの女王蜂と雄蜂は、生殖行動のみを行っている。女王蜂と雄蜂は、彼らだけに通じるフェロモンだけを使って(カーストを作って)、同類意識によって支えられている。
(2)働き蜂は働き蜂だけに通じるフェロモンを使って(カーストを作って)、育児、外敵への攻撃と巣の防衛、採餌など、生殖以外の全労働を行っている。
(3)ミツバチのカーストは、同じコロニー(集団)の中という半閉鎖的な環境下で、別のカーストと明確に分断されている。そして、厳然とした階級的な生態が維持されている。

 ミツバチのコミュニケーションと共通意識

 広義の意味の動物の社会は、猿は猿の、ミツバチはミツバチの、人間は人間の相互認識を基盤として成立しています。相互認識は、主に音声や化学物質などの多様な伝達手段(コミュニケーション)によって確立されています。
 音声信号を例とすれば、人間の言語、鳥類のすえずりなどがあります。化学物質を例とすれば、縄張りフェロモンなども挙げられます。コミュニケーションは、それぞれ同種の個体群に作用して様々な反応をおこしています。

 ミツバチのフェロモンは、カーストによって作用するものと作用しないものがあります。そして、ミツバチに歴然としたカーストがあっても、コロニー全体は整然として結束している、ということが特徴です。その共通意識は、あまりにもミステリアスです。というのは、カーストとカーストの間に共通のフェロモンがなくても、コロニー全体は、カーストとカーストを超えて、緊密な共同作業(役割分担)によって成り立っているからです。
 では、コロニー全体に存在する暗黙の共通意識とは何でしょうか。フェロモンを超えた「広義の共通意識」があるのでしょうか。それは、臭覚以外の同種を同種として認識している何らかの本能(視覚・聴覚・味覚・触覚)であって、同類の昆虫であることを疑わない何らかの遺伝子があるのでしょうか。その昆虫の特殊な生態の原因は、まだ突き詰められていません。

 ミツバチと人間のカーストの違い

(1)人間のカースト
 人間のカーストをミツバチのそれと比較すれば、
@カーストをもつインド社会に、ミツバチのような結束などはなかった。最下層のカーストは、一般のインド国民からは完全に見放されていた。
Aインドの最下層カーストに、働き蜂のようなコロニーに献身的な「労働意欲」があったとは思われない。

 余談ですが、ミツバチのカーストを観察すると何か身につまされることがあります。まず、生殖が女王蜂と雄蜂の間だけにしか許されないことです。次に、働き蜂の盲目的・献身的な役割分担のことです。
 人間は奴隷であっても、性行為そのものが禁じられていた訳ではありません。その意味 で、働き蜂というカーストに同情を禁じえません。
 会社人間とは、人間社会のいわば働き蜂存在です。その会社人間であった私の経歴から思うのですが、働き蜂の役割にいささかの同情を禁じえません。しかし、ミツバチのコロニー全体を見れば、一糸乱れぬ結束が伺えますから感心させられるばかりです。

 なおカーストは、インドの現在の法律では認められていませんが根強い因習として未だに残っている、と言われています。

(2)ミツバチと人間のカーストの歴史
 ミツバチのコロニーは、種が発生してからほとんど固定しています。進化の足跡をみることができません。一方、インドのカーストは、ミツバチのカーストに比べれば微々ある変化の歴史があります。しかも、約3000年の歴史を振り返りますと、カーストをカーストたらしめた人間的な歴史に裏付けられていることを知ることができます。
 その歴史を一言でいえば、インド特有の思想史(宗教・哲学)です。つまり、カーストはヒンズー教という固有の宗教観に共通しています。その宗教観は、インドの過酷な自然現象に無関係ではありません。そして、インド人の諦観・輪廻転生思想などを抜きにしては考えられないことです。一部のカーストは、ヒンズー教徒の生活そのものであったかも知れません。

 仮に、インドの歴史が約5000年であるとすれば、そして5000年をガンジス河に例えれば、その上流の約2000年が古代インドの先住民の歴史です。その下流の約3000年は、バラモン教とヒンズー教を底流とした歴史です。
 19世紀、ヒンズー教の歴史に新風が起きました。新ヒンズー教と呼ばれました。タゴールやガンジーは19世紀に生まれましたが、20世紀になってヒンズー教の近代化がなされました(※)。
※旧来の大衆的ヒンズー教は、近代化されないままに取り残された。

 いうまでもなくカースト制度は、インドの近代化を大きく遅らせてきました。そのカーストの実態こそ、ヒンズー教の底流の歴史とともにありました。

 21世紀のインドは、IT産業などを中心として経済的に急成長を遂げています。やがて中国を追い越して発展するかも知れない、と注目されています。その時代の潮流に揉まれながらカースト制度は、まるでガンジス河のように、ゆっくりゆったりと変わっていくかも知れません。