岡井盛夫・2018年1月16日 マンスリー

謹賀戌年



あゝ昭和、タロとジロの奇跡的生還



 1959(昭和34)年1月14日、南極観測第1次越冬隊が1年前に昭和基地に残してきた兄弟犬・タロ(左)とジロ(右)が、生きていることが分かった。
 悪天候のため置き去りにされたカラフト犬15頭のうちの2頭の奇跡的生還であった。
(HP・ORICON NEWS)

 
年賀状

 
昔、年始(年頭のあいさつ)のために、元旦に上司のお宅を訪ねたことがあります。「年賀状とは、いわば書類的年始だ」、と解説する人がいます。
今の私の年賀状に、年始的意味はほとんどありません。
友人やお世話になった方々に、一方的に近況をお知らせしております。

 
     
   
大空に羽根の白妙とどまれり      高浜虚子

quest
 
レビュー(書評)

 林順治さんの、『日本書紀』集中講義
 
遊(YUU)

 丸の内の三人と正子さんの俳句(51号)
essay
 
 
あゝ昭和

 
タロとジロの、奇跡的生還 
オーロラ
 
 
松本紀生の冬のアラスカ

 
back

お地蔵さんのクリック&ジャンプ


 日本人の歴史教室
 
人類・イスラムのシリーズ

 日本人の政治&経済教室
 
土佐の高知の丸の内

  
コンサイス便利帖(用語単語・干支早見表・年表)


 オーナーのメールアドレス

下図(南極大陸)は、クリックすると拡大します。

HP・海外クルーズ