岡井盛夫・2017年8月1日 マンスリー

丹沢山地



↑ 大山(1252m)から丹沢山地の眺め、左雲の中から富士山が顔を出している。(画像・Wikipediab

 丹沢山地は、神奈川県北西部に広がる山地。東西約40キロメートル、南北約20キロメートルに及び、神奈川県の面積の約6分の1を占める。 
 丹沢山地の大部分は山岳公園として、丹沢大山国定公園と神奈川県立丹沢大山自然公園に指定されている。
(Wikipedia)

 丹沢という名前が世間一般に強く印象されたのは、関東大震災だろう。その震源地として急に有名になった。しかし登山者が大勢押しかけるようになったのは、それよりずっと後で、おそらく山麓を小田急電車が走るようになり、距離の近い横浜山岳会が塔ノ岳の上に山小屋を建てた頃からであろう。
(『深田久弥日本百名山』)

  quests
 
 
古野直子さん

遺産の継承ーギリシャー 

季刊俳誌「遊」
(7/12~)
丸の内の三人と正子さんの俳句
essay
 

人間は何のために生きているのか?

 

夫婦仲、脳とホルモンの関係は?

 
 
 column
 土佐の高知の丸の内

-高知県立丸の内高校創立130周年記念-

back

大町桂月と澤田輝夫 

(最終回)
back

お地蔵さんのクリック&ジャンプ


 日本人の歴史教室
 
人類・イスラムのシリーズ

 日本人の政治&経済教室
 
コンサイス便利帖(用語単語・干支早見表・年表)

 オーナーのメールアドレス
壁紙、「雲の影から、、、change」(HP)