岡井盛夫・2018年6月1日 マンスリー

瀬戸大橋


 ↓ 岡山県鷲羽山からの眺め
  ↑ Wikipediaで検索 

 瀬戸大橋は、瀬戸内海の優美な島々を見ながら通る道路と鉄道の併用ルートです。本州四国連絡橋3ルートの先陣をきり昭和63年4月10日に開通し、平成30年で開通30周年を迎えました。瀬戸大橋は、本州四国連絡橋のひとつです(Wikipedia参照)。
 私は、開通直後のこの橋を鉄道で渡りました。私にとっての瀬戸内海は、宇高連絡船です。主に、横浜の大学在学中に、帰省の往復には必ず宇高連絡船に乗りました。その様々な感慨を回想しながら、海を橋から眺めながら渡りました。
宇高連絡船は、かつて岡山県の宇野駅と高松市の高松駅との間で運航されていた日本国有鉄道(国鉄)・四国旅客鉄道(JR四国)の航路(鉄道連絡船)である。実際の距離は11.3海里(21.00 km)だが、営業キロ上の距離は18.0kmであった。
 
quest

 平岡正子さんの俳句

 まるまる通信(追悼) 
 
  澤田輝夫さんが亡くなりました

2017/8 大町桂月と澤田輝夫 
essay
 
 
自分史(1995/6・記)

 60歳の「父の日」
   
あゝ昭和

 
 64 東京オリンピック
 
back

お地蔵さんのクリック&ジャンプ


 日本人の歴史教室
 
人類・イスラムのシリーズ

 日本人の政治&経済教室
 
土佐の高知の丸の内

  
コンサイス便利帖(用語単語・干支早見表・年表)


あゝ昭和

↓ 壁紙は瀬戸内海(本州と四国の間) 

クリック拡大