岡井盛夫・2017年9月1日 マンスリー

あゝ昭和、宇高連絡船


↑ 高松港と宇高連絡船です。(画像・Wikipediab
高松港と宇高連絡船を、上の写真のようなアングルで見たことはありません。
▼宇高連絡船は、かって岡山県の宇野駅と香川県の高松駅との間で運行されていました(日本国遊鉄道の航路)。この連絡船は、明治43年6月、国鉄宇野線開通に合わせ開設されました。昭和64年4月9日、瀬戸大橋線が開通されて廃航になりました。平常時の一日当たり片道輸送力は,42.300人を数えました。瀬戸・眉山・鷲羽、そして讃岐・土佐・伊予・阿波丸などの数々の愛称で親しまれました。運行所要時間は約1時間。鉄道連絡船により、1日の客便は10往復でありました。(Wikipedia
▼連絡船には、小さい連絡船と大きい連絡船があります。前者は通勤・通学・買い物などに利用されて、今でも生活になくてはなりません。後者の代表格は、青函連絡船や宇高連絡船です。時代の変化で、今は廃線になっております。
▼宇高連絡船は、四国四県の若者の就職や進学や帰省等に使われました。特に就職に際しては、故郷で家族や友人たちと別れた後の、四国からの最後の別離のポイントでした。高松港で「蛍の光」か流れて、送る人と送られる人がテープを掴んで、声を掛け合いました。送られる人々は、四国を離れてそれざれ独立しました。

essay
 
 
あゝ昭和

 
 
 映画とテレビと私の、連絡船

 
沖ノ島と古代日本人

 
ちくわとモラール

 
back

お地蔵さんのクリック&ジャンプ


 日本人の歴史教室
 
人類・イスラムのシリーズ

 日本人の政治&経済教室
 
土佐の高知の丸の内

  
コンサイス便利帖(用語単語・干支早見表・年表)


 オーナーのメールアドレス

壁紙は、中央部が隠れています。
下図をクリックすると拡大します。
宇高連絡船 航路